アダルトチルドレン ロスト・ワンタイプ

 

アダルトチルドレンには、いくつかのタイプがあるとされています。

大きく分けて、以下の5タイプです。

①ヒーロー(英雄)

②スケープゴート(生贄)

③ロスト・ワン(いない子)

④ケアテイカー(世話役)

⑤ピエロ(道化師)

ピエロは、別名マスコットと呼ばれたりもします。

 

どれか一つの特定のタイプに当てはまるというよりは、いくつかの要素を併せ持っていると考えるほうが自然です。

子どもは家族という安定した居場所があってこそ安心して大人への成長を遂げていくことができます。

 
ですが家族に機能不全や不安を感じると、まずは自分自身のことより家族を安定させることを優先しようとします。

アダルトチルドレンになったのは、子どもから見て不安を感じる家族、もしくは、

子どもにとって不十分な家族(機能不全家族)を自分が何とかしようとしたからです。

 

人間の態度はブレずに一定ということはまずないですし、ましてや機能不全な家庭が不安定なのは簡単に想像できますよね。

その不安定さのために、子どもはその時々の家庭のピンチを打開するためのいくつかのパターンを持ちます。

どのパターンがより多く使われてきたかによってアダルトチルドレンタイプのどれが強い傾向にあるかがわかりますが、多くの人はいくつも当てはまります。

 

それだけ一生懸命家庭を支えてきたということです。

それだけ臨機応変に対応してきたということです。

子どもでありながら。



ですが機能不全家族とはあくまで子ども時代の自分のかつての居場所です。

機能不全家族を支えるアダルトチルドレンとは、あくまで子ども時代限定で必要だった生き方です。

大人になった今は、もう卒業しても大丈夫。


もし今生きづらさを感じているのなら、まずどんな傾向が強いのかを知ることは、アダルトチルドレンから抜け出す助けになるでしょう。

 

 

アダルトチルドレン ロスト・ワンタイプ

 

怖がりで心配事が多くて、家族の中の人間関係を離れて自分の心が傷つくことから自分を守ろうとしてきています。

豊かな感受性を一生懸命に隠していたりもします。

ロストワンタイプの人の特徴は、徹底して自我を押さえ込むことで家族に迷惑をかけないよう努めることです。

アダルトチルドレンの他のタイプは思考や行動に方向性や特徴が見られますが、ロストワンタイプはその特徴さえ隠すことが最大の特徴です。

けっして目立たないことによって息をひそめて存在し続けています。

 
とにかく静かでふだんは忘れ去られてさえいます。

家族がいっしょに何かやろうというときにいないことが多く、いなくなったことが親にも気づかれないような存在です。

 

 

さらに詳しい特徴

 

気がつくと集団から離れて1人で過ごしていたり、気がつくと親が存在を忘れてしまっていたり・・・

ロストワンタイプという名前には、集団の中での存在感が薄いという意味があります。

我慢しなければいけない、迷惑を掛けてはいけないという思いがつよくあり、自分にも何も起こらないことを願います。

家庭でも、学校や職場でも、波風が立ったり自分に注目が集まることを恐れています。

周囲には「影が薄い」「なにを考えているかわからない」「静かで控えめ」などの印象を与えますが、

本人の内面にはいつも孤独感や孤立感があり、つらさや苦しさをたくさん抱えながらも、それすらも周囲に気づかれないように、周囲に迷惑を掛けないようにとこらえ続けています。

深い深い心の奥に、本当の自分を押し隠しています。

 

アダルトチルドレンは大きくいくつかのタイプに分かれており、それぞれのタイプの個性で役割をこなすことで

機能不全家族の不安定な部分を支えようとします。

ですがロストワンタイプの人は、ほかのタイプの人のように目に見える行動はあえてせず、「あえて何もしない」ことで家族の負担を減らそうとします。

何もしなければトラブルは起きませんし、トラブルが起きなければ家族への負担は増えません。
 
そのため自分の問題は自分の中にしまい込み、本当の自分の気持ちを押し隠すことで、家族への負担を減らそうとします。
 
「存在感が薄い」のが特徴です。

 

 

・感情を表現することを抑えてきている

ロストワンタイプの人が自分を抑えようとするのは、家庭内で意思表示や感情表現を親などに抑え込まれた経験から、家庭で生き抜くためには自分の意思や感情を押し隠さなければならなかったという理由が大きいです。

生まれ持った性格が暗い、おとなしいというわけではなく、家庭環境を生き抜くために、「あえて本来の自分を隠して身を守ってきた人」というのが本来のロストワンタイプの人の特徴です。
 

大人になって社会生活を送っていると、見て見ぬふりをしたり社交辞令を言ったり、自分を守るために自分の気持ちを抑える場面が時にはありますが、ロストワンタイプの人は幼い頃から同じ危機感を家庭内でいつも感じつつ、一生懸命に生き延びてきています。

 
周囲の危険から身を守ろうとする防衛本能が身についており、いつの間にか存在感を消して自分の身を守ります。
 

また、自分を抑え込んできているので、自分のことがわからなくなっている人も多いです。

「自分の気持ちがよくわからない」「自分に現実味がないような気がする」

そんなお悩みを打ち明けてくださることもあります。

目に言える表面的な部分は無感情のように見えても、押し隠した内面では

とても強い孤独と孤立感を抱え続けていることが少なくありません。

 

ロストワンタイプの人は、もともと感情の起伏がないわけではありません。

むしろ感受性がとても豊かなために、抑えられた経験から「隠さなければならないんだ」と感じて

一生懸命隠してきている人が多いです。

 

 

・「空気を読む」力が高い

周囲の雰囲気を敏感に察知するロストワンタイプの人は、気づかいや相手の気持ちを推し量るといった能力が非常に高いです。

その反面、文字を書いたり言葉を話したりという感情の表現に苦しさを感じやすいので、芸術面で才能を開花させる人もいます。

抱える問題点

 

・目立つのが苦手

ロストワンタイプの人はとにかく自分を隠して抑えて生き延びてきているので、目立つことがとても苦手だったり、

自分が中心になって何かをするのがとても難しいところがあります。

ロストワンタイプの人が自分を隠さずに解放し自由になろうとすることは、自分の感情を抑えるよう教えた親などの存在に背くことにつながります。

その教えに背くということは反抗すること、叱られる、攻撃される、目立ってしまう、見捨てられる・・・

そんな感情の渦に襲われて、自分を解放しようとすることに大きな恐れを抱きがちです。

自分らしくありたいと願えば願うほど、教えに背くと見捨てられてしまうという思いからの強い抵抗が起こります。

表面的には無表情無感動に見えても、内面では非常に苦しい葛藤を抱えてしまいます。

 

 

・空気を読む力は高いけど

「何も起きないこと」を望んで自分を押し殺し周囲の雰囲気を察知してきているということは、
周囲に溶け込むことを目的にしてきていません。

そのため、学校生活などでは「集団生活ができない」「引きこもり」「不登校」などの評価を受ける場合があります。
 
ロストワンタイプの人は「周囲に傷つけられるのはもうたくさん。一人で自由にしていたい」と助けを求めている場合があります。
 
もともと一人遊びが好きだったり、絵を描くのが好きだったりと、創造力や感受性が豊かな部分があります。
 
もともと自分1人で楽しめる「周りに邪魔されずに自由に過ごしていたい平和的な子」のロストワンタイプの人にしてみると、親の期待に応えなければならない日本の家庭環境や、集団行動ありきの日本の教育現場は、とても窮屈で苦痛に感じる場合があります。
 
周囲からはひと言でひきこもりや不登校と決めつけられてしまうことも、本人の視点に立ってみると自分自身の個性と周囲とのギャップに苦しんでいるだけで本人には何も非が無い場合が多いです。

感受性豊かで一人で自由にしていたいロストワンタイプの人にとって、日本はとても窮屈なのかもしれません。
 

 

・恋愛の傾向

 
「一人で自由にしていたい」ロストワンタイプの人が彼氏さんや彼女さんの場合、

どれだけ自分の気持ちを素直に表現させてもらえるか、許容してもらえるか、が大切なポイントです。
 
自由を制限されたり、意思を無視されることにうんざりしているので、自分のことは自分に任せて信用してほしいと願っており束縛されることや振り回されることを極端に嫌います。
 
自分の気持ちをたった一人の相手だけと大切に共有したいという願いを持っているので、恋人の友人に紹介されるなどを嫌うことが多いです。
 
人数は少なくても密度の濃い人間関係を願う一途さが、ロストワンタイプの人の恋愛傾向です。
 
とても豊かな感受性を持ち合わせており、自分の感情に誠実でもあります。
 
ウソやお世辞は大嫌いで、自分の感情を素直に正確に表現したいと願っています。
 
感情表現にとても時間が掛かってしまう場合があります。

 

 

脱・アダルトチルドレン

 
ロストワンタイプの人は「自分のことなんてどうせわかってもらえない」と、本当の自分を心の奥底に固くしまいこんでいます。

わかってもらおうとして自分を表現して抑え込まれたり傷ついたりしたくない一心で、自分の本当の心を守っています。
 
抑え込まれた記憶や傷ついた心を癒してあげて、「自分のままでいいんだ」と思えるようになっていくと、

世界はとても温かく、くるんでくれるものに変わっていきますよ^^

 

アダルトチルドレンから抜け出したい!

そのためには、最低限知っておかなければならない秘密がいくつかあります。

 

その秘密は、無料メール講座でお伝えしています。

気になった方は、読んでみてくださいね^^

 

 

とにかくACから抜け出したい!

 

そんな方はひとまず初回カウンセリングにお申し込みください^^

お時間 60分 通常カウンセリング料金 12,000円 のところ

毎月先着5名様限定 3,000円 でご利用いただけます。

カウンセリングは主にZOOMなどを利用したオンラインチャットで行います。

お住まいの地域にこだわりなくお申し込みくださいね♪

 

カウンセリングについて

「AC脱却カウンセリング」とは

セラピストプロフィール